東京のマンスリーマンションに住んで理想の生活を手に入れる

SITEMAP

ベッド

転勤や単身赴任にも便利な東京のマンスリーマンション

カップを持つ女性

日本の中心地と言える東京には、仕事の都合で転勤や単身赴任として住居を構える人もいると思います。その際に、単身者で住むのであれば、マンションやアパートを契約して住むよりも、マンスリーマンションの方が、初期費用を抑えたり引っ越しの手間を少なくすることも可能になります。
マンスリーマンションの特徴として、洗濯機や冷蔵庫、テレビ、ソファー等のような家具家電が付いていることが挙げられます。単身者が使うような洗濯機や冷蔵庫は小さめのサイズでも問題がないため、購入しても比較的安い傾向にはありますが、生活をするために必要な物として一律、購入すれば5~10万円は必要になります。しかも引っ越しをして東京を離れる際に、購入したものを手放すかどうかが悩みの種になることは、簡単に想像できます。
そこで生活するために必要な物が揃えられているマンスリーマンションに住むことで初期費用を抑え、引越しをする際の問題を解決することが可能になるのです。
マンスリーマンションを借りて東京で生活するには、不動産業者へ相談することが最も良い方法です。不動産業者に相談すれば、駅近物件や家賃など、自身が求める条件で住みたい部屋を探すことが出来るので、安心して東京での生活をスタートすることが出来ます。

水道光熱費も含まれる東京のマンスリーマンション

東京で生活をスタートする際には、家具家電付きのマンスリーマンションを利用することはオススメですが、その他にも水道光熱費が家賃に含まれているということも挙げられるのです。
東京のマンスリーマンションの相場は、借りる地域や条件によっても異なりますが、8~15万円程度とされています。この価格を少々高めに感じる人もいるかもしれませんが、東京のワンルームであれば、8~12万円程度が一般的な家賃になるので、実は大きく変わらないのです。またマンスリーマンションの場合、水道光熱費が含まれる他にWiFiが無料で使えたり、ペット可物件も探すことが出来たりと、住みやすい条件で部屋を探すことも出来ます。
部屋の条件や家賃の相談などは、不動産業者へ相談すると条件に合った部屋を探してもらえます。仮に東京に住んでいなくてもメール等で連絡を取り、探してもらうことも出来るので連絡をしてみると良いでしょう。条件に合うような物件が見つかった場合は、メールやFAXで送られてきた申込書に必要事項を記入したり捺印したり、必要書類を不動産業者へ返送することで契約が出来るので、東京から離れていても安心です。
水道光熱費やWiFi料金も家賃に含まれているマンスリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか。

東京のマンスリーマンションは駅チカがおすすめ

マンスリーマンションとは、1か月単位で契約のできる賃貸マンションのことです。通常の賃貸と比べて賃料が高い場合が多いですが、その分家具家電が付いていたり、敷金礼金がゼロだったりと多くのメリットがあります。長期滞在の外国人の方や、長期出張のビジネス利用、持ち家のリフォームの間の仮住まいなどマンスリーマンションの用途は増えてきています。特にビジネスや観光で人が全国から集まる東京はマンスリーマンションの激戦区とも言えます。どんなマンスリーマンションを選べばいいか悩んでしまいますが、東京では駅チカの物件を選ぶのがズバリおすすめです。駅チカのマンションなら通勤にも便利で、大きな荷物が出来てしまっても駅からすぐに帰ることができます。ビジネス利用向けのマンスリーマンションの不動産業者の中には、主に駅チカの物件を扱っているところもあります。電車での移動が主な移動手段になっている東京だからこそ、特に意識しておきたいポイントです。また。駅チカなら商業施設も多く人通りもあるので女性の一人暮らしにもおすすめです。自分の利用スタイルに合ったマンション選びが重要になってくるので、まずは不動産業者へ相談してみましょう。


単身赴任、転勤などに便利!マンスリーマンション東京で利用するなら【アットイン】で見つけましょう!家具家電付きの物件や駅チカの物件など、価格面からでもあなたのご要望に沿ったお部屋が見つかりますよ!

ARTICLE

MENU